メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「日本ファースト」なる名称 米大統領スローガンの日本版?

=松尾貴史さん作

 政党名について、素人なりにあれこれ考える。

 子供の名前をつけるときには、親の願望や弱点が表れる、という説がある。「富」「豊」などの文字が入ると、親は貧しさを忌避したいと考え、「茂」「繁」が入る時は父親が薄毛に悩んでいる、という他愛のないものだが、政党名に当てはめるとどうだろうか。

 「民進党」という名前は、何かが進んでいないことを象徴しているような気がしてならない。そもそもなぜ民主党から党名を変えるようなことをしたのだろうか。中身が変わらないのに党名を変えてイメージアップを狙うというのは、姑息(こそく)な内閣改造と本質的に変わらない。違うのは、もうおいそれと変えにくくなるという呪縛のみだろう。

 党名の体裁などどうでもいい、といった感じがしたのは「国民の生活が第一」「山本太郎となかまたち」だろ…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです