メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「敵国と試合」でメンバー除名

サッカーのイラン代表のショジャエイ選手(左)、ハジサフィ選手=AP共同

 サッカーのイラン代表の中心選手2人が「敵国」であるイスラエルのチームとの試合に参加したことを理由に、イラン政府によって代表メンバーからの除名を通告された。「政治の干渉」を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規則に反する恐れがあり、国内外で波紋を広げている。地元メディアが13日までに報じた。

     FIFAの担当者はロイター通信に対し、イランサッカー連盟から詳しい説明を求める方針だと明らかにした。イランは来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会への出場が決まっている。

     2人はギリシャのチームに所属するショジャエイ選手とハジサフィ選手。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 「グアムは観光客10倍に」
    2. 難病 母が一念発起「超重症児」の入浴法研究 学会で発表
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    4. 上野動物園 パンダ赤ちゃん、体長47.9センチ
    5. 長崎・平戸沖の押し船沈没 乗組員「あっという間だった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]