メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空襲の犠牲者、新たに判明

大阪府阪南市

 太平洋戦争中、空襲の死傷者数が0人とされてきた大阪府阪南市で、小型機の機銃掃射で犠牲者が出ていたことが12日、目撃した男性への取材で分かった。戦後70年以上を経て新事実が明らかになったことに、専門家は「国による空襲の実態調査が進まず、見落とされてきた被害の一例だ」と指摘する。

     男性は阪南市鳥取の元船員辻本久さん(82)。終戦前の1945年夏、海岸近くの自宅から、米軍のものとみられる銀色の小型機2、3機が低空で飛来し、沖合約100メートルにいた船を襲撃するのを見た。その後、修理のため沖に停泊していた木造船の船長の遺体が近所の造船所に運ばれるのを目撃した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    2. 叶姉妹 念願のコミケ初出展 グッズ完売後も名刺手渡しの“神対応”
    3. 島崎遥香 ファンへの塩対応を反省 宝塚トップスターのフォローに「泣きそう」
    4. スペインテロ 宗教指導者主導か モロッコ人容疑者過激化
    5. スペインテロ 車3台で爆破計画 ガウディの大聖堂も標的

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]