メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上 女子走り高跳び 「中立の選手」初金

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で女子走り高跳び決勝があり、マリア・ラシツケネが2メートル3で2連覇を果たした。国ぐるみのドーピング違反で資格停止中のロシア陸連所属で、潔白を証明して「中立の選手」として出場していた。「中立の選手」の金メダルは今大会初めて。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 魔のカーブ 今年すでに事故5件 住宅に丸太衝突も 
    2. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    3. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、過労による急性気管支炎 公演中止で謝罪「叱咤激励の言葉全て胸に」
    4. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    5. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]