メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外遊取りやめ 疲労でと法王庁

ダライ・ラマ14世=共同

 インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(82)は12日までに、今月15~20日に予定されていたアフリカのボツワナ訪問を疲労のため取りやめたと明らかにした。ダライ・ラマ法王庁が発表した。

     医師が当面、長旅を避けるように助言したという。亡命先のインド北部ダラムサラで静養するとみられる。

     ダライ・ラマは2015年にも、医師から休息を求められたため、同年10月に予定されていた米国訪問を中止した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮城県 壇蜜さん起用のPR動画配信中止へ
    2. 夏の高校野球 広陵・平元投手と中村捕手 失敗機に協力
    3. 東京メトロ東西線 朝の茅場町駅で人身事故 9万人に影響
    4. 米紙 トランプ氏へ批判強める 「民主主義の脅威」
    5. 中央道・土砂崩れ 雨量基準以下 中日本、通行止めにせず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]