メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外遊取りやめ 疲労でと法王庁

ダライ・ラマ14世=共同

 インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(82)は12日までに、今月15~20日に予定されていたアフリカのボツワナ訪問を疲労のため取りやめたと明らかにした。ダライ・ラマ法王庁が発表した。

     医師が当面、長旅を避けるように助言したという。亡命先のインド北部ダラムサラで静養するとみられる。

     ダライ・ラマは2015年にも、医師から休息を求められたため、同年10月に予定されていた米国訪問を中止した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 「グアムは観光客10倍に」
    2. 難病 母が一念発起「超重症児」の入浴法研究 学会で発表
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    4. 上野動物園 パンダ赤ちゃん、体長47.9センチ
    5. 長崎・平戸沖の押し船沈没 乗組員「あっという間だった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]