メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米バージニア

白人至上主義者らデモ行進 抗議団体と衝突

 ロイター通信などによると、米バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義者らが大規模なデモ行進を行い、これに抗議する団体と衝突した。少なくとも1人が逮捕され、同市によると2人が負傷した。

     デモ行進は、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」が白人至上主義の象徴とみなす南北戦争の南軍司令官ロバート・リー将軍の銅像の撤去計画に反対するもので、11日夜に始まった。数千人が参加したとの情報もある。

     現地からの報道によると、参加者らの一部はナチスドイツのかぎ十字の旗や南軍の旗を掲げ、「血と土」という民族と祖国を意味するナチスも使用したスローガンを叫んだ。

     シャーロッツビルのシグナー市長は声明で「憎しみと人種差別の行進だ」などと白人至上主義者の行進を批判した。【高木香奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
    4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
    5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]