メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ペルセウス座流星群」ピークに

 真夏の夜の風物詩「ペルセウス座流星群」が見頃を迎えた。国立天文台によると、13日未明のピークほどではないが、天気が良ければ14日未明にも、ある程度の数の流れ星を見ることができそうだ。

     ペルセウス座流星群は1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで三大流星群と呼ばれる。

     かつてスイフト・タットル彗星が地球の公転軌道近くにまき散らした細かいちりの名残。毎年8月に地球がちりの集まりを通過する際に大気に突入して高熱になり発光する現象だ。今年は明るい月が昇るためやや観測しにくい条件となった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
    2. 岡山理科大 うつ病に胃薬が効果か マウス実験で症状改善
    3. 上野動物園 パンダ赤ちゃん、体長47.9センチ
    4. 提訴 「五つ子、減数手術ミス」 不妊治療夫婦が医院を 大阪地裁
    5. 医療ミス 使用済み注射針を別人に 乳幼児予防接種 長野

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]