水の事故

真夏日の西日本で相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西日本各地は12日も真夏日となり、水の事故が相次いだ。

 和歌山県白浜町椿の海岸で12日午前10時すぎ、釣りをしていた同県田辺市、林業、中岡真吉さん(67)が海で溺れて死亡。県警白浜署によると、次男(25)と2人で釣りをしており、いけすを取ろうと海に入って溺れたとみられる。

 徳島県鳴門市の大浦漁港では同日午前10時50分ごろ、近くのアルバイトの男性(70…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

注目の特集