メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ=久保玲撮影

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は12日、47都道府県でコウノトリの飛来を確認した、と発表した。

     これまで唯一、未確認だった秋田県仙北市で11日午前、雌のコウノトリ1羽を確認。千葉県野田市の飼育施設で育ち、一昨年7月放鳥されたものという。

     国内の野生のコウノトリは1971年に絶滅したが、1989年に人工繁殖に成功。2005年に初めて放鳥した。

     郷公園の山岸哲園長は「野外コウノトリ100羽の到達など、野生復帰は新しいステージに入った。幸せを呼ぶといわれるコウノトリが今後も全国に飛来し、幸せを届けてくれることを期待する」とコメントを出した。【高田房二郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
    3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. いのちのほとりで /4 ひとり暮らしの突然死 特殊清掃の現場を訪ねた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]