メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

男子400リレー、ジャマイカも決勝へ

男子400メートルリレーでアンカーを務めたウサイン・ボルト=AP

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で行われ、男子400メートルリレー予選で、5連覇を狙うジャマイカは37秒95で2組1着となり、決勝に進出した。決勝は同日午後9時50分(日本時間13日午前5時50分)に行われる。今大会限りでの現役引退を表明し、この種目がラストとなるウサイン・ボルトはアンカーを務めた。

    ボルト「歓声に力をもらった」

     5連覇でボルトの有終の美を飾りたいジャマイカの400メートルリレーチームが好発進した。アンカーのボルトがバトンを受け取った時点では、4チームがほぼ横一線で場内は大歓声に。長いストライドを生かした加速で抜け出すと最後は周りを見て流しながら1着通過を果たし、「歓声に力をもらった。すばらしかった」と満員の観客に感謝した。20代前半で経験の少ない他の3人を引っ張ったボルトは「若い選手たちは自分のレースをするだけ」と話した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    2. 大井競馬 出走馬から禁止薬物 1着を失格
    3. 米SF慰安婦像 民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. 日馬富士暴行 「貴ノ岩は40~50発殴られた」元旭鷲山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]