メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

広島・薮田がプロ初完封 巨人、菅野援護できず

 ○広島1-0巨人●(マツダスタジアム・12日)

     広島の薮田がプロ初完投を初完封で飾り、チームも4連敗を免れた。薮田は球威があり、走者を背負うも打たせて取る投球で、二回に西川が放ったソロ本塁打の1点を守り切り11勝目。巨人は打線が好投の菅野を援護できなかった。

     広島・緒方監督 今日は薮田の投球に尽きる。相手エースと互角に投げ、ゼロに抑えてくれた。バックももり立て、集中して守る。それがうちの野球だ。

     巨人・高橋監督 菅野は決して悪いとは思わなかったし、ナイスピッチングだと思う。結局は(打線が)抑えられて打てなかったというところ。

     巨人・菅野(7回1失点と好投するも5敗目) (西川の本塁打は)うまく打たれた。負けはしたが、引き締まったいい試合ができたので、プラスに考えたい。

    菅野に「恩返し」

     堂々と9回を119球。広島の薮田が巨人のエース菅野との投げ合いを制し、プロ3年目で初の完投を完封劇で演じきった。

     一回に先頭打者を四球で歩かせたが、後続を3人で抑えて波に乗った。150キロ超の速球を軸に得意のツーシームのほか、捕手の会沢は「右打者が多いから」とカットボールを駆使した。

     1点リードの四回も連続四死球などで1死二、三塁とピンチを招いたが、「アウトを一つずつ取っていこう」と冷静だった。亀井を浅い中飛に、小林を遊ゴロに打ち取ると、五回以降は毎回3人ずつで片付けた。

     九回、畝投手コーチに「行ってもいいですか」と続投を志願した。巨人打線を4安打に抑えて「絶対に菅野さんよりも先にマウンドを降りないつもりだった」。

     初出場した先月のオールスターゲームで、菅野に「どうしたら完封できるのか」と質問した。「たとえ四球を出しても、動じずに次の打者を抑えること」。そんな菅野との会話を薮田なりに解釈し、投球で「恩返し」をしてみせた。

     完封勝利は今季チーム一番乗りだ。フル回転する中継ぎ陣を休ませ、勝ち頭の11勝目も手にし、「勝てばチームのためになる。勝ち続けていきたい」。投球と同様、頼もしい言葉で締めくくった。【村社拓信】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
    2. 受精卵無断使用 「父親だと思えない」原告揺れる心情
    3. 奈良家裁 受精卵無断使用でも「父子」 別居の妻が出産
    4. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    5. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]