メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エドリスV ファラー4連覇逃す 男子5000

男子5000メートルで初優勝したエチオピアのムクタル・エドリス=AP

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で男子5000メートル決勝があり、ムクタル・エドリス(エチオピア)が13分32秒79で初優勝した。モハメド・ファラー(英国)は13分33秒22の2位で、4連覇を逃した。

 ○…男子5000メートルでファラーが敗れる番狂わせが起きた。残り400メートル付近でエドリスらエチオピア勢2人がファラーの前に出て、ラスト100メートルでは2人が横並びで並走。ファラーは抜き去るスペースを失った。ラストスパート合戦で勝ち続けたファラーだが、1人抜くのがやっとで、エドリスに優勝を奪われた。3大会連続長距離2冠を阻止されたファラーは「囲まれて抜け出せなかった」と頭を抱えた。対照的にエドリスは頭上に両手で「M」の文字を作るファラー得意のポーズを繰り返し「自分の方が強い。次の王者だ」と高らかに宣言した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「グアムは観光客10倍に」
  2. 夏の長雨 東京都心の連続降水日数 21日で止まる
  3. ORICON NEWS 加藤貴子、第2子男児を出産 夫がブログ代筆で報告「帝王切開の手術を終えて」
  4. 夏の高校野球 NHKが生中継できず 中村の本塁打瞬間
  5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]