メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンC、初昇格ブライトンに苦戦も…アグエロ決勝弾で勝利し白星スタート

情報提供:サッカーキング

アグエロの決勝ゴールでマンチェスター・Cが勝利した [写真]=Manchester City FC via Getty Images
 プレミアリーグ第1節が12日に行われ、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンとマンチェスター・Cが対戦した。

 昨シーズン3位のマンチェスター・Cが、プレミアリーグ初昇格を果たしたブライトンとのアウェイゲームに臨んだ。スタメンにはダビド・シルバやセルヒオ・アグエロ、主将のヴァンサン・コンパニに加え、新加入のGKエデルソン、ダニーロ、カイル・ウォーカーが名を連ねた。

 試合はマンチェスター・Cが主導権を握るが、なかなかブライトンの守備を崩せず、前半はスコアレスで終了。後半に入って53分、相手のバックパスミスを拾ったアグエロが、エリア内中央で右足シュートを放つが、枠を捉えられず、絶好のチャンスを逃す。

 すると逆にブライトンがチャンスを迎える。55分、エリア内中央でこぼれ球に反応したシェイン・ダフィーが右足シュート。直後の左CKから、ルイス・ダンクが立て続けにシュートを放つが、これはそれぞれGK、DFにブロックされる。さらに、こぼれ球をダヴィ・プレパーが右足ミドルシュートで狙うが、枠の右に外れ、波状攻撃は実らなかった。

 均衡が破れたのは70分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったケヴィン・デ・ブライネが自ら持ち上がり中央へパス。シルバがダイレクトで縦に送ると、エリア内右に抜け出したアグエロが、落ち着いて右足シュートを沈めて、先制点を奪った。

 さらに75分、フェルナンジーニョが右サイドからクロスを送ると、ボールはガブリエウ・ジェズスと競り合ったブライトンDFダンクの頭に当たり、反応した相手GKもキャッチしきれず、オウンゴールで追加点となった。

 2点リードを得たマンチェスター・Cは78分にG・ジェズスを下げてラヒーム・スターリングを投入。83分にはアグエロに代えて新戦力のベルナルド・シルヴァを送り出した。試合はこのままタイムアップ。マンチェスター・Cは初昇格のブライトンに苦しんだが、結局は2-0で勝利し、白星スタートとなった。

 ブライトンは次節、19日に敵地で日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターと対戦。マンチェスター・Cは21日にエヴァートンをホームに迎える。

【スコア】
ブライトン 0-2 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 70分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0-2 75分 オウンゴール(ルイス・ダンク)(マンチェスター・C)

【関連記事】
「ヴァーディと密接に結びついていた」…開幕戦で同点ゴールの岡崎を現地メディアも高評価
古巣復帰のルーニーが開幕戦で初ゴール! ヘッドで先制点をもたらす
開幕迫るプレミアリーグ…17-18シーズンのユニフォームサプライヤー勢力図は?
まるで漫画の世界!わずか30分で8部からプレミアリーグへ移籍した選手がいた
ランパードの「ちょっといい話」…母を亡くした17歳の相手選手に見せた心遣い

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 提訴 「五つ子、減数手術ミス」 不妊治療夫婦が医院を 大阪地裁
  2. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
  3. 上野動物園 パンダ赤ちゃん、体長47.9センチ
  4. 出産 高嶋政伸さんに第1子男児
  5. 医療ミス 使用済み注射針を別人に 乳幼児予防接種 長野

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]