メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンパニ、ブライトン戦の勝利に満足「多くのポジティブな要素」

情報提供:サッカーキング

コンパニが試合を振り返った [写真]=Manchester City FC via Getty Images
 プレミアリーグ開幕節が12日行われ、マンチェスター・Cはブライトンと対戦し、2-0の勝利を収めた。試合後、マンチェスター・Cのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニがコメントを残している。13日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 試合は両チームスコアレスのまま前半を終えるが、マンチェスター・Cは70分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制すると、75分にはオウンゴールで追加点。このまま試合は終了し、マンチェスター・Cが開幕戦で白星を手にした。

 コンパニは「我々は耐えなければならなかった。前半、非常に組織的なプレーができていたが、相手の守りを崩せなかった。でも、最終的には壁を乗り越えることができたよ」と語り、試合を振り返った。

 また、同選手は「シーズンはとても長い。今日の試合では多くのポジティブな要素があった。プレシーズンでやってきたことが形になっていたよ」と続け、今後に向けて収穫の多い試合であったことを明かしている。

 マンチェスター・Cは次節、21日にホームでエヴァートンと対戦する。

【関連記事】
●ウェルベック、レスター戦の劇的勝利に「素晴らしい一体感を見せた」
●「魂と心が残れって言うんだ」勝ち越し弾挙げたジルー、自身の去就に言及
●「完全移籍したい」ウェストハムGKハート、マンCからの退団を希望?
●ルーニー、開幕戦ゴールに喜び爆発「僕にとって特別な瞬間だった」
●イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
  2. 昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」
  3. 都労委 アリさんマーク「引越社」に不当労働行為認定
  4. 昭恵氏付職員 イタリア大使館に異動 1等書記官に
  5. 森友学園 財務省と国交省、根拠写真「開示できない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]