連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

会いたい・2017年夏/5 大橋巨泉さん 「遺言」に刻んだ信念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大橋巨泉さん=中村琢磨撮影
大橋巨泉さん=中村琢磨撮影

大橋巨泉さん テレビタレント(2016年死去、享年82)

 アドリブの利いた軽妙なトークは、吹き抜ける風のようだった。そんな大橋巨泉さんの印象とは対照的に、昨夏に残した「遺言」は壮絶そのものだった。

 <安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい>

 「週刊現代」の連載コラム「今週の遺言」の最終回(2016年7月9日号)は痛烈な政権批判だった。戦争体験を原点とした昭和の名司会者は、初の戦後生まれの首相の動向に厳しい視線を向けていた。

 コラムは巨泉さんの弟、哲也さん(75)が兄の言葉を代筆した。あるじなき事務所を訪ねると、闘病中の兄の姿を振り返ってくれた。病室では、既にペンを走らせる余力はなかった。

この記事は有料記事です。

残り2549文字(全文2867文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集