メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/5 大橋巨泉さん 「遺言」に刻んだ信念

大橋巨泉さん=中村琢磨撮影

大橋巨泉さん テレビタレント(2016年死去、享年82)

 アドリブの利いた軽妙なトークは、吹き抜ける風のようだった。そんな大橋巨泉さんの印象とは対照的に、昨夏に残した「遺言」は壮絶そのものだった。

 <安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい>

 「週刊現代」の連載コラム「今週の遺言」の最終回(2016年7月9日号)は痛烈な政権批判だった。戦争体験を原点とした昭和の名司会者は、初の戦後生まれの首相の動向に厳しい視線を向けていた。

 コラムは巨泉さんの弟、哲也さん(75)が兄の言葉を代筆した。あるじなき事務所を訪ねると、闘病中の兄…

この記事は有料記事です。

残り2583文字(全文2867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです