メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

大好きなリズム演歌/自立宣言する主人公=専門編集委員・川崎浩

大好きなリズム演歌

 1984年4月、長山洋子はアイドル歌手としてデビューした。2年後「ヴィーナス」の大ヒットでトップシンガーとなるが、93年、突如「蜩(ひぐらし)」で演歌へ転向。以後「じょんから女節」など堅実にヒットを飛ばし、25年目に入った。新曲は鈴木紀代詞、浜圭介曲というヒットメーカーの「別れ上手」(ビクター)。「アイドル時代に獲得したリズム感は私の一つの財産。今は、ポップスと演歌を分けて考えない。『別れ上手』は、まさにその中間にあって、大好きな曲。描かれた男女のいたずらっぽい関係も面白…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです