メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ルノー会長に仏ミシュランのスナールCEO ゴーン被告後任で人事案
歌謡ルネサンス

大好きなリズム演歌/自立宣言する主人公=専門編集委員・川崎浩

大好きなリズム演歌

 1984年4月、長山洋子はアイドル歌手としてデビューした。2年後「ヴィーナス」の大ヒットでトップシンガーとなるが、93年、突如「蜩(ひぐらし)」で演歌へ転向。以後「じょんから女節」など堅実にヒットを飛ばし、25年目に入った。新曲は鈴木紀代詞、浜圭介曲というヒットメーカーの「別れ上手」(ビクター)。「アイドル時代に獲得したリズム感は私の一つの財産。今は、ポップスと演歌を分けて考えない。『別れ上手』は、まさにその中間にあって、大好きな曲。描かれた男女のいたずらっぽい関係も面白…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 26歳の阪神・原口文仁捕手、大腸がん公表
  2. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも
  3. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. さいたま女性死亡 逮捕の前橋市職員との交際巡りトラブルか 市長、記者会見で陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです