メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り

民泊好評、延べ262人宿泊 /徳島

民泊で知り合った県外客に、地図を見ながら上勝町など徳島県内を案内する平井真夫さん夫婦=徳島市大谷町で、蒲原明佳撮影

 宿泊施設不足を緩和するため徳島市が初めて取り組む阿波踊り期間限定の「イベント民泊」に多くの宿泊客が訪れている。市民らが提供する31軒中、11日から13日までに延べ262人が宿泊。うち、徳島市大谷町の1軒を訪ねると、利用客は「おばあちゃんちに来たみたいに甘えられた」と滞在を楽しんだ様子だった。

 平井真夫(しんお)さん(77)と妻弘子さん(76)は、2組の観光客を迎え入れた。うち、京都市伏見区の田上容子さん(39)は1泊2日の一人旅…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです