米国

反対派に車、1人死亡 白人主義者と衝突 南部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】白人至上主義者と反対派の市民との間で衝突が起きた米南部バージニア州シャーロッツビルで12日午後(日本時間13日午前)、反対派の群衆に自動車が突入し、女性(32)がはねられて死亡した。警察は女性をひき殺したとして、中西部オハイオ州の白人の男、ジェームズ・フィールズ容疑者(20)を殺人容疑で逮捕。事前の衝突に伴うけが人も含め、負傷者は計35人にのぼり、うち5人が重体。この他、集会警戒中の州警察のヘリコプターが墜落し警官2人が死亡。原因は調査中という。

 衝突の発端は白人至上主義者らが開いた集会。米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、この種のものでは「数十年来で最大規模の集会」で、秘密結社「クー・クラックス・クラン(KKK)」やネオナチなどの極右団体は11日夜、南北戦争で南部連合を率いたリー将軍の銅像を公園から撤去する計画に抗議するため、シャーロッツビルに集合。12日朝から数百人が「1国1民族、移民反対」と叫びながら行進を開始し、反対する市民…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文927文字)

あわせて読みたい

注目の特集