メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー/論点/くらしナビ

[PR]

 ◆ストーリー

仲代達矢さんの「大反戦劇」 20日・日曜日 1面、ストーリー面

 戦後日本の映画界、演劇界を代表する俳優であり、無名塾を主宰する仲代達矢さん(84)。空襲に食糧難、過酷な戦争体験を背負い「戦争だけは絶対にやってはいけない」と固い信念を口にします。そんな仲代さんが今秋から上演するのがドイツの劇作家ブレヒトの「肝っ玉おっ母と子供たち」。29年ぶりの再演となる“大反戦劇”に込めた思いに迫ります。

 ◆論点

ベーシックインカム 18日・金曜日 オピニオン面

 日本はじめ世界各国で社会保障費が膨らむ中、最低限の所得を国が国民に保障する仕組み「ベーシックインカム」(基本所得)が注目されています。貧富の格差や貧困を減らし、豊かな福祉国家を目指すという一見、夢のような話。欧米などでは導入の実験が始まっていますが、「究極のばらまき策」との批判もあります。どこまで現実味がある政策なのでしょうか。

 ◆くらしナビ

養育費の新算定表 19日・土曜日 くらしナビ面

 日本では毎年20万人以上の子どもが両親の離婚を経験します。大半が母子家庭となり、子どもの貧困の一因とされるのが、養育費の少なさ。そのため、日本弁護士連合会は昨年末、養育費が従来より1.5倍も多くなるよう計算する「新算定表」を提案しました。しかし、支払う側からは現在の養育費でも高いという声もあり、定着には、まだ課題は多いようです。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです