メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

時代の危機と短歌=酒井佐忠

 日に日に増大する社会不安や時代への批評として短歌はどうあるべきか。今夏は特にそうした問題提起をする詩歌雑誌などが目立つ。「うた新聞 8月号」では巻頭の藤原龍一郎の作品「悪霊」に注目した。

 <世界終末時計はすすむ酷熱の五輪寒雨の学徒出陣>。新国立競技場の工事現場であった「過労死事件」を悲しむ歌などのあとに置かれた一首。新国立競技場は、元をたどれば明治神宮外苑競技場に替わる施設である。外苑競技場ではかつて、冷たい秋雨の中を「出陣学徒壮行会」が行われ、学徒動員さ…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 仮面ライダー 令和初は「ゼロワン」 AIがテーマ “青年社長”が変身!
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです