記念碑

田中正造終焉の地で建立 栃木・佐野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した「田中正造翁終焉の地」の石碑=太田穣撮影
完成した「田中正造翁終焉の地」の石碑=太田穣撮影

 足尾銅山鉱毒事件の被害者救済に半生をかけた田中正造(1841~1913年)が亡くなった栃木県佐野市内の民家近くに、研究団体などが建立を進めてきた「終焉(しゅうえん)の地」の記念碑が完成した。

 建立者は、正造を学長と仰ぐ「田中正造大学」や研究団体「渡良瀬川研究会」など関係団体でつくる実行委員会(委員長・菅井益郎国学院大名誉教授)。1980年代に設置された案内板が老朽化したため、今年2月から募金運動を進めてきた。石碑は高さ2・2メートル、幅3メートルの御影(み…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

あわせて読みたい

注目の特集