メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核シェルター

「日本からの注文急増」米の製造会社

地下に設置する核シェルター。1000万円を超える6人用の豪華モデルはソファや除染室を備える=米ロサンゼルス郡のアトラス・サバイバル・シェルターズで2017年8月13日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】北朝鮮情勢が緊迫する中、核攻撃に伴う放射性物質から身を守るなど非常事態に備える地下シェルター(退避施設)に関心が高まっている。米西部カリフォルニア州の製造会社によると「日本からの注文が急増している」という。

 半年から1年間は避難生活が可能だという核シェルターを製造・販売する「アトラス・サバイバル・シェルターズ」(ロサンゼルス郡)には、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に成功したと発表した7月上旬以降、米国内外からの問い合わせが相次いでいる…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです