盆灯籠

ご先祖様へ色とりどり 広島・寺町一帯

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
色鮮やかな盆灯籠を供えた先祖の墓前を訪れる女性=広島市中区の「圓龍寺」で、山田尚弘撮影
色鮮やかな盆灯籠を供えた先祖の墓前を訪れる女性=広島市中区の「圓龍寺」で、山田尚弘撮影

 お盆を迎え、広島市中区寺町一帯の寺院では色とりどりの盆灯籠(とうろう)が墓前に供えられている。

 同町にある浄土真宗本願寺派圓龍寺によると、盆灯籠のお供えは、江戸後期に広島城下中心に市内の慣習として広まった。今では市内に限らず、宗派を超えて行われている。

 盆灯籠は、竹の先を六つに割って広げた部分に赤…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

あわせて読みたい

注目の特集