メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後72年

青い目の人形が見た戦争と平和 87歳出版

椎窓猛さん=2008年5月3日、松尾雅也撮影

 今から90年前、米国から友好を願って日本に贈られ、福岡県内の三つの小学校に今も残る「青い目の人形」の物語を、同県八女市の元小学校教諭で詩人の椎窓猛(しいまど・たけし)さん(87)が今夏、一冊の本「ペッギィちゃんの戦争と平和」にまとめた。敵国の人形として戦時中、軍部に処分を指示された人形をひそかに守り抜いた当時の教員らに感銘を受け「後世に広く残したい」と話す。

 椎窓さんは4年前、仕事で同県嘉麻市を訪れた際、戦争を考えるイベントの告知ポスターにあどけない金髪の…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです