メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後72年

青い目の人形が見た戦争と平和 87歳出版

椎窓猛さん=2008年5月3日、松尾雅也撮影

 今から90年前、米国から友好を願って日本に贈られ、福岡県内の三つの小学校に今も残る「青い目の人形」の物語を、同県八女市の元小学校教諭で詩人の椎窓猛(しいまど・たけし)さん(87)が今夏、一冊の本「ペッギィちゃんの戦争と平和」にまとめた。敵国の人形として戦時中、軍部に処分を指示された人形をひそかに守り抜いた当時の教員らに感銘を受け「後世に広く残したい」と話す。

 椎窓さんは4年前、仕事で同県嘉麻市を訪れた際、戦争を考えるイベントの告知ポスターにあどけない金髪の…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです