メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダクト破損で気圧低下か

酸素マスクが下りてきた全日空37便の機内=乗客提供、共同

 全日空機が12日夜、機内の気圧低下の警報が鳴ったため羽田空港に緊急着陸したトラブルで、機体を調べた結果、主翼下の車輪格納スペースを通るダクトに破損が見つかった。全日空が13日、明らかにした。影響で機内の空気が漏れ、気圧が徐々に下がったとみられるが、直前の運航まで問題はなかったという。

 同社が破損の原因を調べている。乗客乗員計273人にけがはなかったが、乗客2人が気分が悪いと訴えた。

 着陸後の点検で与圧システムは正常だったがダクトに破損が見つかった。ダクトがつながった貨物室から破損部を通じて空気が漏れ、高度が上がるとともに客室の気圧も下がったとみられる。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 重い精神疾患 22年短命に 東大チーム調査
  2. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
  3. 夏の高校野球 広陵の中村 嫌な流れ断ち切る強肩強打
  4. 謎の看板 「む?」津田の畑に 強風のいたずらで 近江八幡 /滋賀
  5. 森友学園 籠池夫妻、栄養士免許を二重に悪用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]