メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜空に鮮やかな一筋の光 岡山で撮影

カシオペア座のそばを色を変えながら通り過ぎるペルセウス座流星群の流星=三島和久さん提供、共同

 真夏の夜空に鮮やかな一筋の光を輝かせるペルセウス座流星群の流星を、倉敷科学センター(岡山県)の三島和久学芸員が13日までに撮影した。

 見ごろを迎えた12日夜、同県美作市で、カシオペア座のそばを緑からピンクへと色を変えながら通り過ぎる様子を捉えた。

 流星群は、彗星(すいせい)などがまき散らした直径1ミリ~数センチほどのちりがある場所を地球が通過する際、地球の大気に飛び込んだちりが光を放つ現象。ペルセウス座流星群は毎年8月に出現し、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並んで3大流星群と呼ばれる。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元特攻隊員 形見「いらん」 父の怒り、親になり知る
  2. 夏の高校野球 本塁打大会新・中村7打点 広陵が決勝進出
  3. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  4. 「見た目」問題 就職や仕事で感じる偏見、どう克服
  5. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]