メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郡上・徹夜おどり 始まる 城下町は熱気に包まれ

げたを鳴らして踊りを楽しむ観光客ら=岐阜県郡上市で2017年8月13日午後8時13分、大竹禎之撮影

 岐阜県郡上市八幡町の「郡上おどり」(国重要無形民俗文化財)で、夜通し踊り続ける「徹夜おどり」が13日夜に始まり、城下町は熱気に包まれた。16日まで、午後8時から翌日午前4~5時ごろまで踊り明かす。市によると、初日の人出は約6万8000人。4夜で約20万人の人出が見込まれている。

     郡上おどりは日本三大盆踊りの一つで約400年の歴史を持ち、7月8日に開幕した。

     13日は踊りが始まると、三味線や太鼓、笛のおはやしに合わせ、浴衣姿の観光客らが輪をつくり、心地よいげたの音を響かせた。

     職場の同僚と初めて来たという愛知県みよし市、幼稚園教諭、伊豆原栞(しおり)さん(24)は「夜通し踊る伝統文化なので前から一度来たかった。皆さんの踊る姿をまねして挑戦します」と話していた。【立松勝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. ORICON NEWS 『ドラゴンボール超』で“ブルマ”鶴ひろみさん追悼テロップ「たくさんの方々に勇気と優しさを…」
    3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    5. 浜崎あゆみ 過労ダウン…急性気管支炎で17日の仙台公演キャンセル(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]