メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

楽天、島内が勝ち越し2ラン 先発・辛島8勝目

 ○楽天4-2オリックス●(13日、京セラドーム大阪)

     楽天は同点の四回、島内の2ランで勝ち越すと六回にウィーラーのソロで加点。投げては先発・辛島が七回途中4安打2失点で自己最多に並ぶ8勝目。オリックスは2本塁打を放つも、打線がつながりを欠いた。

     楽天・梨田監督 (5安打と)ヒットは少なかったけどうまく逃げ切れた。(2ランの)島内は疲れもあって状態は良くはないがパンチ力がある。

     オリックス・福良監督 西はよく投げた。辛島のチェンジアップに対する工夫がなく、徹底できなかった。

     ○…楽天先発の辛島が自己最多タイの8勝目。七回途中に左足がつり大事を取って降板したが、チェンジアップのさえを生かして4安打2失点、無四球と好投した。四回はマレーロ、ロメロの中軸をチェンジアップで連続3球三振に仕留めると、五回1死二塁では落ちる球で後続を断ち、「走者をためなかったのが良かった」と振り返った。前回登板の1日の西武戦は「練習でできていたことがゲームで出せなかった」と6失点し黒星が付いたが、この日は安定感を発揮。自らの年間勝利更新を確信させる投球だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
    3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
    4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
    5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]