メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBCバンタム級

山中慎介「順調」 13連続防衛へ

記者会見後、対戦相手のルイス・ネリ(左)とファイティングポーズをとるWBCバンタム級王者の山中慎介=京都市下京区で2017年8月13日、三浦博之撮影

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、具志堅用高が持つ世界王座13連続防衛の男子の日本記録に挑む山中慎介(帝拳)が13日、京都市内で記者会見し「足も使いながらタイミングを見て強く打ち込むだけ。KOで終われば一番良い」と抱負を語った。

     山中は「夏場の厳しい時期の調整だったが最高の状態に持ってこられた」と順調ぶりをアピール。WBCは山中が勝利した場合、記念の特製チャンピオンベルトを授与する予定で「積み重ねてきた結果を評価していただけるのはうれしい」と感謝した。

     挑戦者の同級1位、ルイス・ネリ(メキシコ)は「最初から前に出てプレッシャーをかけたい。パンチ数を多くしたい」と力を込めた。【坂本太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
    2. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
    3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
    4. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    5. 共産党 志位委員長が入院、手術へ 頸椎症性脊髄症で 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]