メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

荒井が銀、小林が銅 男子50キロ競歩

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は最終日の13日、バッキンガム宮殿前付近の周回コースで男子50キロ競歩が行われ、昨夏のリオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(29)=自衛隊=が3時間41分17秒で2位、初出場の小林快(24)=ビックカメラ=も3時間41分19秒で3位に入った。丸尾知司=愛知製鋼=も5位に入賞した(記録は速報値)。

 日本勢のこの種目でのメダルは前回の15年北京大会で谷井孝行(自衛隊)が銅を獲得したのに続き2大会連続となった。

 世界記録保持者のヨアン・ディニ(フランス)が初優勝した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]