メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三原、今季初戦で優勝 SPに続き

女子フリーで演技を終え、笑顔を見せる三原舞依=共同

 フィギュアスケートの四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が13日、滋賀県立アイスアリーナで行われた「げんさんサマーカップ」に出場して合計200.52点を出し、今季初戦で優勝を果たした。フリーで132.08点をマークし、前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となった。

     映画「ミッション」の音楽「ガブリエルのオーボエ」の曲調に合わせて情感豊かに滑り「今回のテーマは天使。少しでも思い浮かべてもらえるような演技ができた」とうなずいた。技術面で昨季に比べて演技後半のジャンプを一つ増やして五つ跳び、最後の3回転サルコーで転倒した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
    2. ゾウガメ 15日ぶりに保護 父子で捜索、近くの山中で
    3. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
    4. 児童扶養手当 2カ月ごと支給へ 年3回を見直す方針
    5. 覚醒剤 埼玉の中学教諭を所持容疑で逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]