メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島が快勝 先発の岡田は球に力あり11勝目

 ○広島4-1巨人●(13日、マツダスタジアム)

     広島が快勝した。一回に松山の犠飛や西川の適時打などで3点を先取し、五回は松山の併殺打の間に加点した。先発の岡田は球に力があり、6回1失点でチームトップに並ぶ11勝目。巨人は先発の今村が試合を作れず、打線もつながりを欠いた。

     ○…広島の西川が試合の主導権を握る適時打を放った。一回に敵失などもあって2点を先取し、なお2死一、二塁から「甘く来た球をコンパクトにスイングできた」と真ん中に入ってきたスライダーを逃さず、右前適時打で3点目をたたき出した。ミスを重ねる相手に痛烈な一打を浴びせ、緒方監督も「あの1点が大きかった」。ルーキーだった昨季の62試合を上回る63試合目の出場で、決勝本塁打を放った前夜に続く活躍に「出してもらう以上は結果を出さないと」と意気込んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
    2. ゾウガメ 15日ぶりに保護 父子で捜索、近くの山中で
    3. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
    4. 児童扶養手当 2カ月ごと支給へ 年3回を見直す方針
    5. 覚醒剤 埼玉の中学教諭を所持容疑で逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]