メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

西田賢司さん 探検昆虫学者

[PR]

 ◆いにったひと

    みぎ久保諒輔くぼりょうすけさん(東京都北区立東十条とうきょうときたくりつひがしじゅうじょうしょうねん

    ひだり久保結子くぼゆうこさん(同小どうしょうねん

    多様たようかた魅力的みりょくてき

     中央ちゅうおうアメリカのコスタリカにみ、新種しんしゅ昆虫こんちゅう発見はっけんつづけている西田賢司にしだけんじさん(45)は、世界的せかいてき活躍かつやくしている探検昆虫学者たんけんこんちゅうがくしゃです。日本にっぽん一時帰国いちじきこくした西田にしださんに、昆虫こんちゅう大好だいすきな久保諒輔くぼりょうすけさんとあね結子ゆうこさんがインタビューしました。

     諒輔りょうすけさん コスタリカでは、1にち何時間なんじかんくらい昆虫こんちゅうさがしているんですか?

     西田にしださん わざわざさがしにくということはないです。じつきこもり(わらい)。エサをりにくと、自然しぜんはいってしまい、つけちゃうかんじです。

     諒輔りょうすけさん コスタリカでは何種類なんしゅるい新種しんしゅ発見はっけんしましたか?

     西田にしださん 1000~2000しゅ発見はっけんしているかなー。新種しんしゅつけると、うれしいです。論文ろんぶん発表はっぴょうするなら、新種しんしゅほうがインパクトがある(印象いんしょうつよい)。名前なまえけるということにたずさわれるのもうれしい。でも、新種しんしゅだから面白おもしろいというわけでない。生態せいたいわっているから、面白おもしろいんです。

     結子ゆうこさん むし魅力みりょくとは?

     西田にしださん 多種多様たしゅたようなところです。種類しゅるいおおくて、いろんなかたをしている姿すがた自然しぜんせてくれるし、人間にんげんとかけはなれた姿形すがたかたちをしているところや、実際じっさい理解りかいしにくいところも魅力的みりょくてき

     諒輔りょうすけさん 何歳なんさいときから昆虫こんちゅうきでしたか?

     西田にしださん 1さいになるまえからです。はははなしでは、ハイハイして勝手かってそとって、くさむらにすわんでなにかをてニコニコしているようなあかちゃんだったそうです。さかななどのきものの世話せわをしたり、畑仕事はたけしごと手伝てつだったり、ごく普通ふつう自然しぜんれていたおとこで、いわゆる“昆虫少年こんちゅうしょうねん”ではありませんでした。

     結子ゆうこさん 昆虫学者こんちゅうがくしゃになるってすごいですね。

     西田にしださん いろんなことをやってきたなかで、自分じぶんしん部分ぶぶんにはちいさなきものや自然しぜんがあったので、大学だいがく卒業そつぎょうするころ昆虫こんちゅう研究けんきゅうをしたいな、とおもいました。そうしているうちに、仕事しごと依頼いらいがあって、自然しぜん探検昆虫学者たんけんこんちゅうがくしゃになっていました。すすんでいけば、ちょっとずつみちひらけます。おやいたレールのうえすすむのはらくかもしれないけど、自分じぶん責任せきにんってすすみちくことも大事だいじです。【まとめ・長尾真希子ながおまきこ

    ってみて…

     諒輔りょうすけさん 西田にしださんにおそわった、オクラのネットを使つかったセミとりようあみつくってみます。将来しょうらいは、日本にっぽん昆虫こんちゅう研究けんきゅうする学者がくしゃになりたいとおもいました。

     結子ゆうこさん 西田にしださんのアドバイスどおり、自分じぶんみちすすんでいこうとおもいました。


     1972年生ねんうまれ、大阪府松原市出身おおさかふまつばらししゅっしん中学卒業後ちゅうがくそつぎょうごにアメリカへ。大学だいがく生物学せいぶつがく専攻せんこう。88ねんからコスタリカ大学だいがくでチョウやガの生態せいたい研究けんきゅう。「ナショナルジオグラフィック日本版にほんばん」のウェブサイトで執筆中しっぴつちゅう


     このコーナーは、毎小特派員まいしょうとくはいんのみなさんと取材しゅざいします。直接会ちょくせつあって質問しつもんしてみたいひと名前なまえをはがきにいて(あなたの名前なまえ住所じゅうしょ電話番号でんわばんごう学年がくねん性別せいべつもね)、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんいたい」がかりまで。特派員とくはいん登録とうろくは「特派員とくはいんがかりまで。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

    4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

    5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです