メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

今夏のバイロイト音楽祭 反ユダヤ主義断罪 「マイスタージンガー」新演出

雨にもかかわらず早朝から祝祭劇場を見ようと集まる人々=2017年7月、梅津時比古撮影

 ワーグナーの楽劇を集中して上演するドイツ・バイロイト音楽祭(7月25日~8月28日)に、新しい風が吹き始めている。それはバイロイトがバイロイトを問い直す方向性である。

 同音楽祭は2008年からのワーグナーのひ孫2人、カタリーナとエヴァによる共同総裁を経て、2年前からはカタリーナ一人の総裁体制。キャスティングを含め音楽祭の全体を掌握したカタリーナは、バイロイトの思想面に踏み込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  5. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです