メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/3 本のさかい(宮城県女川町) 復興へ「心の安定剤」

震災関連本と児童書が目立つ「本のさかい」の酒井孝正さん=2017年8月、棚部秀行撮影

 JR石巻線の終点、女川駅(宮城県女川町)。湾を望む真新しい駅舎の前には、1年半前にオープンした商業施設「シーパルピア女川」の30ほどのテナント、金融機関などが広がる。町民や観光客が行き来し、東日本大震災で壊滅状態になった中心部では、新しい「町」が始動していた。

 海へ向かってシーパルピアを抜け、女川街道との丁字路を右に折れるとすぐに「本のさかい」が見えてくる。13坪の新店舗は、外壁がベージュの平屋建て。この4月、再オープンにこぎつけた。元の場所から20メートルほど駅側に移動している。

 「本屋さんがあるとホッとすると言われます。心の安定剤になりえますね」と店の再建を続ける酒井孝正さん…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです