メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/3 本のさかい(宮城県女川町) 復興へ「心の安定剤」

震災関連本と児童書が目立つ「本のさかい」の酒井孝正さん=2017年8月、棚部秀行撮影

 JR石巻線の終点、女川駅(宮城県女川町)。湾を望む真新しい駅舎の前には、1年半前にオープンした商業施設「シーパルピア女川」の30ほどのテナント、金融機関などが広がる。町民や観光客が行き来し、東日本大震災で壊滅状態になった中心部では、新しい「町」が始動していた。

 海へ向かってシーパルピアを抜け、女川街道との丁字路を右に折れるとすぐに「本のさかい」が見えてくる。13坪の新店舗は、外壁がベージュの平屋建て。この4月、再オープンにこぎつけた。元の場所から20メートルほど駅側に移動している。

 「本屋さんがあるとホッとすると言われます。心の安定剤になりえますね」と店の再建を続ける酒井孝正さん(70)は話してくれた。店内中央には、大きな机とパイプ椅子が5脚置かれ、来店した客が談笑できるようになっている。「本を通して会話をできる場に」との思いの表れだ。本棚代わりの会議室用の長机の上には、絵本などの児童書、震災関連書、郷土の本を中心に、次いで小説・実用書の単行本、雑誌、文庫や新書。酒井さんは…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです