メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久留米市民会館

解体 「海の幸」の緞帳残る 一部切り取り遺族へ /福岡

残った緞帳を見る松永さん(奥右)。手前は福田たねとされる女性の顔の部分

 7月に解体が始まった久留米市の市民会館に設置されていた同市出身の洋画家、青木繁(1882~1911年)の代表作「海の幸」をモチーフにした緞帳(どんちょう)の一部が遺族の手に残ることになった。市は劣化が進んでいるとして廃棄処分を決めていたが、遺族や関係者の働きかけで、長く市民に親しまれてきた緞帳は完全廃棄を免れた。【中村清雅】

 遺族は東京・新橋で九州の郷土料理店を営む松永洋子さん(72)。久留米市は今年5月に緞帳の廃棄を決定…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです