メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分-カメルーン友好協会

発足 サッカーで交流 元中津江村長「坂本さんの思いかなった」 /大分

 大分-カメルーン共和国友好協会(横山朋樹会長)が発足した。メンバーは、カメルーンとゆかりのある県内の人たちが中心で、微生物でし尿を分解するバイオトイレを同国へ贈る活動をしている横山さんや、青年海外協力隊員として赴任経験のある人ら37人。横山会長は「手作りの会として、笑顔で民間レベルの交流をしたい」と述…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです