メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分-カメルーン友好協会

発足 サッカーで交流 元中津江村長「坂本さんの思いかなった」 /大分

 大分-カメルーン共和国友好協会(横山朋樹会長)が発足した。メンバーは、カメルーンとゆかりのある県内の人たちが中心で、微生物でし尿を分解するバイオトイレを同国へ贈る活動をしている横山さんや、青年海外協力隊員として赴任経験のある人ら37人。横山会長は「手作りの会として、笑顔で民間レベルの交流をしたい」と述…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです