メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

「一帯一路」の虚実 模索続く地方政府=専門編集委員・坂東賢治

観光、外資導入を重視

 中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席が新たな発展戦略として打ち出した陸と海のシルクロード経済圏「一帯一路」構想。今年5月には北京に関係国の首脳らを招き、初の首脳級会合を開いた。現地取材で、中国の狙いや「一帯一路」の拠点に選ばれた地方政府の思惑を探った。

中国色消すAIIB

 中国語で「絲綢之路」と呼ばれる唐代のシルクロードの起点は長安、現在の陝西(せんせい)省西安市だ。「一帯一路」でも陸路の「シルクロード経済帯」の拠点の一つだ。

 陝西省は4月、四川、重慶などと共に内陸部初の自由貿易試験区に指定された。地方の判断で優遇策や独自政…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです