メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
印パ独立70年

第2部 核脅威のエスカレーション/中 核使用、低いハードル パキスタンの応戦、現実味

パキスタン軍が7月に公開した戦術核ミサイル「ナスル」の発射実験の模様。車両から発射でき機動性が高い=パキスタン軍統合広報局のウェブサイトより

 車両に搭載されたミサイルがごう音とともに空に飛び出し、目標を示す旗の近くに落下した--。パキスタン軍が今年7月に映像を公開した短距離ミサイル「ナスル」(射程70キロ)の発射実験。限定的な核攻撃が可能だとされる代表的な戦術核ミサイルで、この実験で射程を10キロ延ばした。バジュワ陸軍参謀長は実験成功をたたえ、声明を発表した。「ナスルは『コールドスタート』にコールドウオーター(冷水)を浴びせた」

 「コールドスタート」は、国境を挟み対立するインドが採用している軍事ドクトリンだ。パキスタンが支援す…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです