メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ独立70年

第2部 核脅威のエスカレーション/中 核使用、低いハードル パキスタンの応戦、現実味

パキスタン軍が7月に公開した戦術核ミサイル「ナスル」の発射実験の模様。車両から発射でき機動性が高い=パキスタン軍統合広報局のウェブサイトより

 車両に搭載されたミサイルがごう音とともに空に飛び出し、目標を示す旗の近くに落下した--。パキスタン軍が今年7月に映像を公開した短距離ミサイル「ナスル」(射程70キロ)の発射実験。限定的な核攻撃が可能だとされる代表的な戦術核ミサイルで、この実験で射程を10キロ延ばした。バジュワ陸軍参謀長は実験成功をたたえ、声明を発表した。「ナスルは『コールドスタート』にコールドウオーター(冷水)を浴びせた」

 「コールドスタート」は、国境を挟み対立するインドが採用している軍事ドクトリンだ。パキスタンが支援す…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです