連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

具志堅隆松さん=沖縄で戦没者遺骨の収容に取り組む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

具志堅隆松(ぐしけん・たかまつ)さん(63)

 第二次世界大戦末期の激戦地・沖縄で30年以上ボランティアで戦没者遺骨の収容を続けている。

 初めて人骨を見たのは9歳ごろ。自宅近くで見つけた鉄かぶとの横に頭蓋骨(ずがいこつ)があった。「家族が捜しに来る。触っちゃいけないよ」。大人にそう言われた。自分が大人になった1982年、本土から来た遺骨収容団を手伝った。「遺骨の身元が分かることはほとんどない」と分かった。

 戦没者遺骨は掘り出して集めるのが先決で身元の確定、遺族への引き渡しは二の次。事実上、長くそれが国の方針だった。これまで沖縄で収容された戦没者遺骨約18万体で身元が分かったのは4体だけ。いずれも2003年から始まったDNA鑑定によるもので遺族にとっては希望の光だ。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集