メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

第2回澄和Futurist賞

 第2回「澄和 Futurist(フューチャリスト)賞~平和、人・自然 なごむ世界へ~」が開催される。

     一般財団法人澄和(とわ)の村石久二理事長をはじめ、文化人・有識者などが選考委員となり、市民目線の平和関連活動や自然環境保護活動などに取り組む個人や団体を表彰するもの。昨年は、原爆詩の朗読を続けている女優の吉永小百合さん、沖縄戦の語り部活動を続けてきた那覇市の中山きくさんと、戦没画学生の遺作を集めた長野県上田市の美術館「無言館」(窪島誠一郎館主)に贈られた。10月8日に発表、同月下旬に表彰式を東京都内で開催する。受賞者には副賞として100万円が贈呈される。

     主催 一般財団法人澄和/後援 毎日新聞社

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
    4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
    5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです