メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

対中国、301条調査指示「始まりにすぎない」

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は14日、中国を対象に米通商法301条に基づく調査を指示した。知的財産権の侵害のほか、米企業が中国進出の条件として技術移転を迫られる状況について調査し、結果次第で制裁措置の発動を検討する。トランプ氏は「これは始まりにすぎない」と述べ、厳しく対応する考えを示した。

 調査は1年程度かかる見通し。トランプ政権は制裁の検討ではなく調査指示にとどめ、制裁を発動しない可能性も残した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して中国が圧力を強化するよう、対応を促す狙いもあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 東京都内で新たに1204人の感染確認 1000人超は6日連続 重症者は5人増

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです