メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

日章旗、遺族の手に…73年ぶり、元米兵から

安江辰也さんに日章旗を返還するマービン・ストロンボさん=岐阜県東白川村で2017年8月15日午前10時56分、駒木智一撮影

 太平洋戦争中の1944年、サイパン島で戦死した日本兵の遺品の日章旗を持ち帰った米モンタナ州の元海兵隊員、マービン・ストロンボさん(93)が15日、岐阜県東白川村で遺族に旗を返した。旗の持ち主は東白川村出身の安江定男さん(当時25歳)。遺骨も戻らなかった定男さんの唯一の遺品が、73年ぶりに遺族の元へ返った。

 ストロンボさんはサイパン島で44年7月、日章旗を拾った。東白川村で行われた返還式典で「こんなに長い時間がかかってごめんなさい。戦地で、いつか必ず故郷に返すと遺体に約束した。返すことができて言葉にならない」と述べ、定男さんの弟辰也さん(89)に旗を手渡した。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです