メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空襲被害者連絡協

援護法制定、調査求めるアピール採択

 太平洋戦争中、空襲を受けた東京や大阪、名古屋の被害者らでつくる全国組織「全国空襲被害者連絡協議会」が14日、東京都墨田区で集会を開いた。戦後補償から漏れた民間の空襲被害者に対する援護法の制定と全国的な実態調査などを求めるアピールを採択した。

 被害者の救済問題に取り組む超党派の議員連盟は4月、戦災による身体障害…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです