メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空襲被害者連絡協

援護法制定、調査求めるアピール採択

 太平洋戦争中、空襲を受けた東京や大阪、名古屋の被害者らでつくる全国組織「全国空襲被害者連絡協議会」が14日、東京都墨田区で集会を開いた。戦後補償から漏れた民間の空襲被害者に対する援護法の制定と全国的な実態調査などを求めるアピールを採択した。

 被害者の救済問題に取り組む超党派の議員連盟は4月、戦災による身体障害…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです