メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京入管

被収容者に適切な医療を…施設前で抗議活動

 東京入国管理局(東京都港区)の収容施設の前で12日、収容者の医療と生活環境の改善などを求め、支援団体や元収容者など約20人が抗議活動を行った。参加者は「被収容者にまともな医療を」と書かれたプラカードを掲げ抗議の声を上げた。

 東京入国管理局の収容施設にはオーバーステイなどの理由で、現在男性373人、女性186人の外国人が収容されている。本来であれば、それぞれの国に帰るのが筋だが、日本に配偶者がいる、子供がいるなどの理由で日本での在留を引き続き希望している。中には政治的な理由で本国に帰ると殺される可能性がある人もいる。そのため、帰国することも、収容施設から出ることもできず、1年以上長期収容されているも外国人も多い。収容されている人が特…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです