メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地裁・高裁

裁判予定もタブレットで 全国初の設置

タブレットによる開廷表=東京・霞が関で2017年8月14日午後4時11分、石山絵歩撮影

 東京高裁は15日から、同高裁や東京地裁が入る合同庁舎1階で当日の裁判予定を閲覧、検索できるタブレット端末を置く。高裁によると、タブレットによる開廷表は全国の裁判所で初。8月中に試験的に使い、9月から本格的に導入する予定だ。

     タブレットはA4サイズで、庁舎の東西入り口付近に計18台を置く。うち2台は車椅子利用者向けとする。東京地・高裁と知財高裁、東京簡裁の当日の全裁判予定が閲覧できるほか、殺人や傷害といった事件名や開廷時間などから、検索することもできる。

     庁舎には職員も含めて1日に延べ約1万人が出入りするといわれる。従来は「地裁刑事」「高裁民事」などと6種類に分けた紙の開廷表を設置してきたが、閲覧待ちの列ができることもあり、職員が改善策として考案した。東京高裁の吉崎佳弥事務局長は「利用者の利便性向上につなげたい」と話している。【石山絵歩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
    3. 吉本興業 「第2の華丸・大吉」は 福岡に養成校続々
    4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
    5. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]