メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、日馬富士が復興願う土俵入り 釜石

約1000人の観客に迎えられる稀勢の里(中央右から2人目)=岩手県釜石市で2017年8月14日午前11時半ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が14日、横綱・日馬富士(伊勢ケ浜部屋)とともに岩手県釜石市を訪れ、東日本大震災からの復興を願う土俵入りを披露した。稀勢の里は雲竜型、日馬富士は不知火型で土俵入りし、会場の体育館に集まった約1000人からは「ヨイショー」と力強いかけ声が上がった。

 日本相撲協会の被災地支援活動の一環で、7年連続での実施。横…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです