終戦の日

歴史を証言する責任 主筆・小松浩

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 この夏、戦火を生き抜いた人たちの言葉に、改めて耳を傾けてみたい。

 たとえば、1968年8月の「暮しの手帖」特集号を一冊の本にした「戦争中の暮しの記録」だ。疎開先の子の爆死、魚の空き箱で作ったひつぎ。読者の手記を集めた290ページのどこを開いても、これだけは書いておきたい、という悲痛な声が聞こえてくる。

 あるいは、戦後まもなく発表された大岡昇平の「野火」。飢餓、累々たる死、人肉食い。フィリピン戦線での兵士の極限状況を克明に描いた大岡は、ついに精神を病んだ主人公・田村一等兵に、こう独白させる。「戦争を知らない人間は、半分は子供である」

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1321文字)

あわせて読みたい

ニュース特集