メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

小説家・木内昇さん 古地図を手に街を歩く

木内昇さん=根岸基弘撮影

 時代小説を書くときは、必ず自分で舞台となる街を歩きます。架空の人物だとしても、こういう人がいたんじゃないかなというリアリティーを持たせたい。浅草を舞台にした作品のときは、主人公が上野から浅草に向かうのに、どの道を通るのがいいのかな、などと実際に歩いて考えました。

 子どものころから本を読むのが好きでした。デビュー作の題材となる新選組に興味を持ったのは中学生の時です。司馬遼太郎が土方歳三の生涯を描いた「燃えよ剣」に出合ったことがきっかけでした。戦国時代のような領土争いとは違って、幕末という時代では同じ攘夷(じょうい)でも佐幕派と勤皇派で対立するなど思想的背景があります。子どもには難しいからこそ、分かりたくてどんどんはまっていったところがありますね。

 新選組の故郷といえるのが、私が住み続けている東京の多摩地区。土方の出身地・日野市には、隊を支援した…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1785文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]